AGA治療薬紹介ナビ

近年、男性型脱毛症(AGA)の治療薬は急速に進化しています。当サイトではAGAの治療薬についてご紹介していきます。ぜひ貴方にぴったりのAGA治療薬を検証してみてください。

AGA治療薬の選び方と効果

男性にとって薄毛に見舞われるのは大変辛いものです。そうした薄毛症状が災いして仕事や人間関係などの面で自分に対する自信が無くなったり、異性との交流に対して臆病になることもあるでしょう。しかしながら薄毛は適切な処置を施すことによって改善することが出来ます。まずはその原因をつぶさに分析した上で、その症状にあった対策を講じていくことが大切です。中でも最近特に注目されているのが男性型脱毛症という病気です。別名AGAとも呼ばれるこの症状は男性ホルモンが過剰な働きをすることで頭髪の成長を妨げる物質を作り出し、これが原因となって成長期にある元気な頭髪が次々と抜け落ち、どんどん薄毛を進行させていくのです。

もちろん、AGAは病気であるがゆえに、適切な処置を行うことで改善できます。まずは医療機関を受診して問診や触診を経ることによってAGAかどうかを見極め、もしもそうである疑いが強まればAGA治療薬を使って本格的な治療を行っていくことになります。まず代表的なAGA治療薬としては、男性ホルモンの過剰な働きを抑えるフィナステリドという成分が含まれたプロペシアという錠剤があります。これを一日一錠服用することで徐々にホルモンを制御できるようになり、速い人なら数週間、遅い人でも半年から一年ほどで頭髪の状況に変化が見られるでしょう。

ちなみに、同じフィナステリドを配合した飲み薬にはジェネリック医薬品であるフィンペシアやエフペシアなども存在します。これらはプロペシアに比べて費用も安いので、服用を続ける上で大変経済的とも言えるでしょう。

さらに同じ男性ホルモンを抑制する飲み薬にはフィナステリドではなく、デュタステリドという成分を含んだ飲み薬デュタスやアボダートも存在します。フィナステリドが効かない人などは自ら通販でこれらの医薬品を入手して副王する人も数多く存在します。

また、AGA治療薬としては塗り薬も有効です。ミノキシジルという成分を配合した塗り薬を薄毛の生じている頭皮に塗ると、その部分の毛細血管が拡張されて血流が多くなり、頭髪の成長に欠かせない栄養分が過不足なく運搬されるようになるはずです。これに加えてミノキシジルには塗り薬だけではなくタブレットタイプのものもあります。外部から浸透させるのではなく、身体の内側から効果を発揮するこのタブレットはとても吸収力が高く効果も高いと言われています。ただし、効果が高過ぎて低血圧の人は血圧が下がり過ぎたり、あるいは頭髪のみならず身体のあらゆる部位が多毛症に見舞われてしまうケースもありますので、しっかりと服用後の経過をチェックして状態を判断しなければなりません。

■再生医療による発毛を体感してみませんか?
HARGは薄毛の女性におすすめ