近年、男性型脱毛症(AGA)の治療薬は急速に進化しています。当サイトではAGAの治療薬についてご紹介していきます。ぜひ貴方にぴったりのAGA治療薬を検証してみてください。

AGAはフィナステリドなどの成分を配合した治療薬を

男性に薄毛症状をもたらす原因は実に多岐にわたりますが、中でも男性型脱毛症という病気にかかると若くして薄毛が進行していきますので精神的にもとても辛いものです。これは略してAGAと呼ばれますが、主に男性ホルモンが過剰な働きをすることによって頭髪の成長を阻害する物質を分泌してしまいます。

AGAを治すにはクリニックで専門治療を受けることが望ましいでしょう。医学会のガイドラインで定められたAGA治療薬を服用することで一定の改善効果が得られるはずです。このAGA治療薬には大きく分けて二つあります。まずはフィナステリドという有効成分を含んだ飲み薬が挙げられます。特に有名なものとしてプロペシアという製品があります。この治療薬を服用すると、有効成分のフィナステリドが頭皮にある5αリダクターゼの2型と呼ばれる酵素の働きを抑え、これと男性ホルモンが反応してDHTという頭髪のヘアサイクルを乱す物質を作り出すのを抑制することができます。この治療薬はAGA治療薬として最も初歩的なものであり、一日一錠の服用を目安とします。数週間で効果が出る場合もあれば、半年から一年ほどかかる場合もあります。

AGAに有効なもうひとつの治療薬にはミノキシジルが挙げられます。このミノキシジルという有効成分は毛細血管を拡張させて血流を良くする効果があるので、頭皮の血行を改善してたくさんの栄養分を頭髪の毛母細胞へと運搬することが可能となります。一般的に用いられているものとしては塗り薬タイプのものがあり、これを使い続けるとすぐにも頭髪に改善効果が見られるでしょう。

ただし、ここで挙げたフィナステリドには勃起不全や精力減退などが生じる副作用も確認されており、なおかつミノキシジルは低血圧の人が使用すると血圧が下がり過ぎて心臓や血管に負担が掛かる場合があります。こういった注意点もきちんと鑑みた上で使用しなければなりません。