近年、男性型脱毛症(AGA)の治療薬は急速に進化しています。当サイトではAGAの治療薬についてご紹介していきます。ぜひ貴方にぴったりのAGA治療薬を検証してみてください。

AGA治療薬以外のAGAの最先端治療とは

抜け毛が多いと思っていたら、それから一気にその量が増し、驚くほどのスピードで地肌が透けて見えるようになってしまったという男性は多くいます。
このような男性型脱毛症のことをAGAといい、40代での発症率は30%もあり、全国の20~69歳でおよそ1,000万人もがこの症状に悩まされています。
これは国内に限ったことではないため、世界でもAGA治療薬の開発が盛んに行われていて、プロペシアなどの効果の高い飲み薬も誕生しています。
プロペシアは飲むだけなので簡単なAGA治療薬として、国内の病院でも処方されることが多く、良い結果を導けるので人気が高いですが、AGAの最先端治療を受けたいという方には、HARG療法をおすすめします。
なぜHARG療法がAGAの最先端治療といわれるかというと、ヒト由来の成長因子を頭皮にダイレクトに注入することで、毛髪再生を促進させられるからです。
注入された成長因子は、衰えていた毛母細胞に刺激を与えて活性化させ、発毛を促せるのですが、直接頭に注射の針を何か所も刺さなければならないので、それが苦手な人には耐えられないほどに、痛みがあるものでした。
しかし最近登場した、日本で最先端の毛髪再生治療のノンニードルHARG®浸透注入療法なら、痛くないので、注射嫌いの方は試してみるようにしましょう。
これは針を使わない最新の注射器のMEDJETを使用し、炭酸ガスの圧力を使って、針を使わずに成分を注入できるので、痛みはなく、安全で、麻酔も使わずに行えるという特徴があります。
プロペシアなどのAGA治療薬だけでは、いまいち効果が見られなかった方は、ノンニードルHARG®浸透注入療法の施術を受けてみてください。